トウコマツナギ

生息環境

荒地、河川敷、道端、道路法面、空地、林縁

選定理由

在来のコマツナギI. pseudotinctoriaに似ていることから、法面緑化に利用された。県内でも、荒地、河川敷などに野生化している。高さ2mを超え、在来種と競合する。コマツナギとの交雑も懸念される。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 植物(その他)
分類 マメ科 別名 キダチコマツナギ
学名 Indigofera bungeana Walp.
原産地 中国
生態的特徴 落葉低木。高さ2から4mになる。葉は羽状複葉。開花は5から9月、淡紫色の花を多数つける。花は11月頃まで咲き残る。結実は良好で、たくさんの果実(さや)をつける。
侵入経緯 在来のコマツナギと同一種とみなして、法面緑化用に中国から種子を輸入し、利用された。その後、2000年代前半に逸出・野生化した。県内でも2000年代に野生化したと考えられる。
定着状況
県内
各地にやや普通
国内
北海道、本州、四国、九州、沖縄

同じカテゴリーの侵略的外来種