ヤナギハナガサ

生息環境

道端、草地、荒地、海岸埋立地、河川敷、堤防

選定理由

旺盛な繁殖力を持つため、在来種との競合が懸念される。サンジャク(三尺)バーベナとも呼ばれ栽培されることもあるため、逸出防止のための啓発も重要である。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 植物(その他)
分類 クマツヅラ科 別名 サンジャクバーベナ
学名 Verbena bonariensis L.
原産地 南アメリカ
生態的特徴 多年草。茎は直立して高さ1.5mに達する。全体に剛毛があってざらつく。茎の断面は四角形。花期は6から8月、茎や枝の先にかたまって傘形に花をつける。花は紅紫色、直径約3mmでアレチハナガサよりも大きく、美しく見える。種子と根茎で繁殖する。
侵入経緯 園芸植物として導入されたが、渡来年代は不明である。その後逸出し、1940年代に野生化したと考えられている。県内では1960年に福岡市で採集されたものが最初の記録である。
定着状況
県内
各地にやや普通
国内
北海道、本州、四国、九州、沖縄

同じカテゴリーの侵略的外来種