オオバアメリカアサガオ

生息環境

道端、人家周辺、草地、海岸砂浜、海岸林、林縁

選定理由

海岸域~低地にかけての道端、林縁などで野生化しており、在来種との競合が懸念される。葉の付け根から発根して周辺に広がるため、むやみにつるを捨てないなどの啓発も重要である。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 維管束植物
分類 ヒルガオ科 別名 イリオモテアサガオ、オーシャンブルー、宿根アサガオ、ノアサガオ
学名 Ipomoea learii Knight ex J.Paxton
原産地 不明
生態的特徴 多年生のつる植物。繁殖力が旺盛で、茎は10m以上に達する。繁茂して一面を覆うため、グリーンカーテンとしても利用される。花期は6~11月頃と長く、花は青~紫色で、直径10cm程度になる。種子ができないため、茎断片からの栄養繁殖により分布を拡大する。
侵入経緯 オーシャンブルーなどの園芸品種が作出され、最近、盛んに栽培されるようになった。それらが放置され、国内各地で野生化したと考えられる。その年代については不明である。
定着状況
県内
各地にやや普通
国内
本州、九州

同じカテゴリーの侵略的外来種