ホテイアオイ

生息環境

河川、クリーク、水路、ため池、湖沼

選定理由

繁殖力が旺盛で、各地のクリーク、ため池などで大繁茂し水面を覆い尽くすため、在来水生植物と競合する。通水阻害や冬季に枯死した腐敗個体による水質悪化を引き起こす。

カテゴリー 重点対策外来種 高次分類群 維管束植物
分類 ミズアオイ科 別名 ウォーターヒヤシンス、ホテイソウ、ホテイ草
学名 Eichhornia crassipes (Mart.) Solms
原産地 南アメリカ
生態的特徴 多年生の浮遊植物。走出枝を伸ばして次々と子株を増やし、水面を覆い尽くす。高さは10~80cm、ときに1mを超える。葉柄に浮き袋があるが、過密状態では発達しない。花期は8~10月、結実は少ない。富栄養化の進んだ水路では、ほとんど花をつけない。
侵入経緯 明治中期に観賞用及び家畜飼料として渡来した。北原白秋の詩集「思ひ出」(1911)の序文「わが生ひたち」に登場しており、すでにこの頃の柳川に見られた。帰化植物(久内、1950)には、筑後川沿岸に非常に繁殖と記されており、これ以前に広く野生化していたと考えられる。
定着状況
県内
各地に普通
国内
本州、四国、九州、沖縄、小笠原

同じカテゴリーの侵略的外来種