ホコガタアカザ

生息環境

海岸砂浜、海岸岩上、海岸埋立地、河口域

選定理由

海岸砂浜や埋立地などに生育し、群生しているところもある。同属の在来海浜植物であるハマアカザA. subcordataなどとの競合が懸念される。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 植物(その他)
分類 アカザ科 別名 アレチハマアカザ
学名 Atriplex prostrata Boucher ex DC.
原産地 ヨーロッパ
生態的特徴 一年草。茎は高さ20から60cmで、下部より分枝する。葉は三角形で、基部がほこ形に張り出し、長さ2から7cm。若い葉や茎は白色を帯びた球状突起で覆われる。花期は8から10月、雌雄の小さな花が穂状につく。
侵入経緯 1945年に東京で採集されたものが最初の記録。県内では1966年に北九州市で採集された記録がある。
定着状況
県内
各地の海岸に普通
国内
北海道、本州、四国、九州

同じカテゴリーの侵略的外来種