キショウブ

生息環境

ため池、クリーク、河川、水路、湖沼

選定理由

県内各地のため池、河川、水路の水際などで野生化し、群生しているところもある。花が美しく、湿地ビオトープ創出のために使用されることもあるため、周辺に逸出させないような啓発も重要である。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 維管束植物
分類 アヤメ科 別名 なし
学名 Iris pseudacorus L.
原産地 ヨーロッパ~西アジア
生態的特徴 多年生の抽水植物。地下に横にはう太い根茎があり、分枝して繁殖する。葉は長さ1.2mに達する。花期は5~6月、花は鮮黄色で、直径約12cm。様々な園芸品種が作出されている。日当たりのよい水際や湿地を好むが、やや乾燥した場所にも見られる。
侵入経緯 1897年頃に鑑賞用として渡来した。県内では、福岡県植物目録(1952)には未掲載で、福岡県植物誌(1975)には掲載されていることから、この間に分布を拡大したと推測される。
定着状況
県内
各地に普通
国内
北海道、本州、四国、九州

同じカテゴリーの侵略的外来種