アレチヌスビトハギ

生息環境

荒地、道端、市街地、空地、河川敷、堤防

選定理由

種子の分散能力が高く、道端、荒地などで急激に分布を拡大している。アレロパシー作用があり、在来種と競合する。

カテゴリー 要対策外来種 高次分類群 植物(その他)
分類 マメ科 別名 なし
学名 Desmodium paniculatum (L.) DC.
原産地 北アメリカ
生態的特徴 多年草。高さ30から100cmになり、全体的に毛が多い。葉は3小葉からなる複葉。9から10月に紅紫色の花をつける。果実(さや)は偏平で、3から6個に分かれる。鉤毛の多い付着しやすい果実で、種子の分散能力が高い。また、太い地下茎があり、刈り取られても早期に回復する。
侵入経緯 1940年に大阪府で定着が確認された。非意図的な移入と考えられる。その後、東海から近畿地方にかけて分布が拡大した。県内では1971年に大牟田市の三池港周辺の空地で初めて定着が確認された。
定着状況
県内
各地に普通
国内
北海道、本州、四国、九州、沖縄

同じカテゴリーの侵略的外来種